SSブログ

I shall be released [音楽(ボブ・ディラン)]

ボブ・ディランの代表曲のひとつが「アイ・シャル・ビー・リリースト」。
いまや音楽イベントの定番中の定番。最後に全員でこの曲を歌う、
そういうイベントが数多く見られます。
この曲もいろんなミュージシャンがカバーしていますが、
最も有名なのがTHE BAND。リチャードマニュエルの、あの熱唱、
心の叫びのようなパフォーマンスがなければ、ここまで
有名な曲にならなかったかもしれませんね。
THE BANDの解散コンサート「ラスト・ワルツ」でも
最後の曲がこれでした。
ちなみに、天王寺野音での最後の「春一番」の
フィナーレを飾ったのもこの曲です。

大塚まさじさんが、「男らしいってわかるかい」という
タイトルをつけて見事にカバーしていることを
前に書きましたが、他にもいろんな人がこの曲を
歌っています。岡林信康、友部正人、いとうたかお、RCサクセション。
最近では、一青窈さんも、この曲を
セットリストに加えているようです。

「アイ・シャル・ビー・リリースト」。
ボブ・ディランの歌詞の中では、どちらかというと、
まだわかりやすい部類に入るのではないでしょうか。
Any day now, any day now, I shall be released. そのときに僕らはきっと自由になれるさ

ある広告人の告白:I SHALL BE RELEASED lyric by Bob Dylan


自由をテーマにしたこの曲、
RCのバージョンは、アルバム「コブラの悩み」に収録されています。
清志郎さんの歌詞も、大塚さんと同じように、「超訳」に近い。
発売禁止にした某レコード会社への怒り、憤りをカタチに
したもので、元の歌詞とはかなり違うものになっています。
でも、言葉選びがうまいんですよね。

I see my light come shining
From the west unto the east

陽はまた昇るだろ
東の島にも

陽の光の表現であると思われるフレーズを、
「東の島」と、日本に置き換えている。
このへんが、洒落っ気というか
清志郎さんらしさなんでしょうね。




「アイ・シャル・ビー・リリースト」 忌野清志郎作詞

頭のいかれたやつらが
世の中を動かして
この俺の見る夢を
チカラでおさえつける

陽はまた昇るだろう
東の島にも
いつの日にか
いつの日にか
自由に歌えるさ

陽はまた昇るだろう
このさびれた国にも この貧しい国にも
いつの日にか
いつの日にか
自由を歌えるさ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0