So-net無料ブログ作成

橋下知事の会見「原発は必要悪!」。なるほどね。 [ニュース]

大阪府の橋下知事を見ていると、元首相の小泉さんを思い出す。
政策がどうのこうの、というのじゃなく、
すごく話がわかりやすい。だから人気があるんだと思う。
いわゆる専門用語を使わないでしょ。俺は頭がいいんだ、
こんな難しい言葉を知ってるんだぞ、な〜んて、
ええかっこしないでしゃべるから、私のような政治にうとい庶民が
ついつい引きつけられるってわけですよ。
でも、大事なんだよ。そういう庶民の心を動かせないと、
なんにもできないんだから。

そんな橋下知事が、原発についての考えを明らかにした。
さて、反原発か?原発推進か?
知事の出した答えは……

ネットでその情報が流れていて、
原発のことしか頭にないような人たちが
騒いじゃってるわけだけど、
その意見は、原発推進ではない。
でも、即全廃を求めてる人たちが
喜ぶようなものでもない。
中立を貫いている人たちの気持ちに
近いものなんじゃないかな? 違うかな?

で、各社の記事だけど、
う〜ん、
ネットに掲載されている記事より
会見そのものの方が
わかりやすい気がするなあ。なんでw

読売の記事は、こんな感じ。
 橋下徹知事は記者会見で、関西に電力を供給する原発の新設や
 運転期間の延長をストップさせるとした「脱原発」構想を明らかにした。
「まず原発1基を止めるためには何をするべきかを示したい。節電は
 住民の相当な負担となるが、関西の府県民の総力を挙げて考える時期だ」
 既存の原発の即時廃止は求めず、ライトアップなどの観光施策や産業に
 支障を及ぼさない案を考える。関西電力なども交えて、代替エネルギー
 などについて協議していく」(2011年4月28日01時13分 YOMIULI

朝日は、こう。
 橋下徹知事は、節電や代替エネルギーを導入する政策を進めることで、
 関西で使う電力を供給する原子力発電所の「新規建設や、
 (老朽化した原発の)延長計画を 止めにかかる」と表明した。
 今秋にも具体的な方策をまとめる。
 また橋下氏は原発を「ある意味で必要悪」とし、今回表明した考えは
 原発への依存から抜け出す第一歩、と位置づけた。原発依存の脱却と
 自然エネルギー転換を進める財団の設立を表明したソフトバンクの
 孫正義社長と26日に東京で会い、賛同を得たという。


で、橋下さんの会見そのものが、朝日新聞に
載っていた。

(冒頭発言)
 新規の原発は作らない。(老朽化原発の)延長はしないと
 目標を立て、その目標に向かって供給サイドと消費者サイドが
 何をしていかないといけないのか(を考える)
 府全体で、原発の新規開発を止めにかかる。
 (略)
 シンプルな目標を立てれば、府民が「自分ができることはなんだろう」
 と力を結集してくれるんじゃないかという思いがある。
 (略)
 産業拠点にならないといけないので、産業の抑制になることはしない。
 ライトアップもやめません。大阪府だけではしんどいので、
 関西広域連合委員会で提案したい。


 (問:新規建設をやめ、延長も止めれば、最終的に原発はなくなる
  そこまでめざすのか?)
 理想論が完璧にうまくなればそうなります。ただ「一つを止める事が
 精いっぱい」ということなら「原発ゼロ」にはならない。
 どんどんいろんなことをやり「3基止められました。
 延長も止められました」となっていけば  
 最終的にゼロになるかもしれないが、最初からゼロにしようと言うのは
 飛躍しすぎ。まず新規建設を止めるのに、どれだけ負担しなければ
 ならないか、府民に見せる。


 (問:知事は原発をどう考えているのか?)
 そりゃ、ない方がいい。ただ、ぼくはライトアップせいと
 言っている。家でも電気をつけている。
 原発を全部なくせというなら、ぼくは明日から電気を
 使わない生活をしなければならない。
 今の生活を前提にすると、原発は「必要悪」です。

     (2011年4月28日 朝日新聞 橋下会見より引用)
 






nice!(9) 
共通テーマ:ニュース

nice! 9

Facebook コメント