So-net無料ブログ作成

祝春一番コンサート2013、5月4日。 [音楽(祝春一番)]

今年のハルイチは、二日目の5月4日に。
4日間の中で、いちばん混みそうな気がしたので、
いつもより10分ほど早目に出かけたのですが、
到着すると、その予想を上回る人の列ができていました。

祝春一番コンサート2013 5月4日 服部緑地野外音楽堂

P1020300.jpg

C-RAG&ハートビートクルーというバンドで、
コンサートはスタート。

きわわ
小野一穂(vo.g.) 宮下広輔(vo.Pedal Steel) gnkosai(vo.d.)
春一初登場のバンド。
風太さんが、「この子らが子どもの頃から知ってんねん。
絶対、ブレイクするバンドです」。なんて紹介していましたが、
曲もいいし、演奏もなかなかのもの。
後から知ったんですが、小野一穂さんは友部正人さんの息子。
ドラムのgnkosaiは、加川良さんの息子だそうです。

キム・ウリョンと横浜方面
Little Woody(wb.) 宮下広輔(Pedal Steel) gnkosai(d.)
過去にcutman-boocheというバンドでハルイチに
出演していたというキム・ウリョンさん。
若手ですが、すごく光るものを持ってる人。
うまくいけば、メジャーになるんじゃないでしょうか。

加川良
ベテラン加川良さんは、今年も弾き語り。
毎年歌う、ブルーハーツのカバーに加えて
今年は泉谷しげるさんの「春夏秋冬」も。
バンドとやりたかったが、見つからなかった、
なんて言ってましたが、息子のバンドでやればいいのにw

華たかだか
藤井裕(vo.b.) 池田哲也(vo.g.) 中野新哉(vo.g.) 富樫奈津美(d.)
藤井裕さん率いるバンド。曲は、サウストゥサウスの「最終電車」や
ソロアルバム収録曲「くちゃくちゃ」など。
裕さんが、すごく老け込んでいてびっくりしました。
体調悪いのかな? ちょっと心配です。

三宅伸治BAND
高橋知治(b.)杉山章二丸(d.)厚見玲衣(key.)梅津和時(sax.) 中村耕一(vo.g.)
本夛マキ(飛び入り)
忌野清志郎さんゆかりの人たちがズラリと揃った三宅伸治さんのバンド。
前半のハイライトです。一曲目はチャック・ベリーの楽曲、
ビートルズでおなじみの「ロールオーバーベートーベン」。
この日、いちばんの盛り上がりでした。
そして、中村耕一さんが登場。言うまでもなく元J-WALKのボーカル。
2010年に逮捕され、どん底まで落ちた人ですが、
今年ソロシンガーとして再デビュー。ハルイチのあたたかさに
感動していたようです。ここで、ハルイチでは珍しいアンコールが
実現しました。

トレス・アミーゴス
石田長生(vo.g.)清水興(b.) 中村岳(per.)
with 三宅伸治
今年の石田さんは、トレスでの出演。
「ブラザーズ・アンド・シスターズ」
「ねえ、神様」「iko iko」など。ゲストは、三宅伸治さん。

5th element will
金子マリ(vo.)北京一(vo.mime.) 森園勝敏(g.) 岩田浩史(g.)
石井為人(key.)b:大西真(b.) 松本照夫(d.)
下北のジャニス、金子マリさんのバンド。
ドラムの存在感が、すごかった。ぴかいちですねw
最後に選んだ曲は、忌野清志郎(タイマーズ)の「税」。

次の出演者を紹介するために、福岡風太さんが出て来ましたが、
「もう一曲歌わせて」とマリさん。
風太さんの静止を振り切って、演奏をはじめてしまいました。
曲は、「ありがとう」。亡くなった元夫ジョニー吉永さんが
つくった曲です。このハルイチのステージで、
追悼したかったんでしょうね。

木村充揮
with キム・ウリョン、宮下広輔
今年は、ソロで弾き語り。
「天王寺」「おそうじオバチャン」
「胸が痛い」など。
ゲストは、若手、キム・ウリョンさん。
木村さんの強烈なボケと突っ込みに
見事に受け答えしてました。

友部正人&Dr.kyOn、きわわ
with 三宅伸治、梅津和時
この日のトリは、友部正人さん。
貫禄のステージでした。リアルタイムでは気づきませんでしたが、
小野一穂との親子共演だったんですね。

その他、曽我部恵一、アチャコ&フレンズ、歌屋BOOTEE、ぐぶつ、
光玄、歌屋BOOTEE。

いま、ふりかえってみると、かなりの豪華メンバー。
毎年、中だるみする部分があるんだけど、
今年は、ほとんどありませんでした。

三宅伸治さんは、「忌野清志郎〜」と拳をつきあげ、
金子マリさんは、「ジョニー吉長〜」と叫んだ。
木村充揮さんは、あえて盟友島田さんの死に触れず…。
いろんな思いが響き合った5月の服部緑地でした。


nice!(3) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

Facebook コメント