So-net無料ブログ作成

世界一のブログ。 [思ったこと]

今朝の新聞に、杉山登志雄さんの話がのっていました。杉山さんは、
広告マンの大先輩。テレビ草創期から
テレビCMの製作をてがけられた天才CMディレクターです。
とてもまじめで、表現に対するこだわりが
人一倍強かった方なのでしょう。
「ハッピーでないのにハッピーな世界など描けません。」
そんな遺書を残して37才の若さでこの世を去りました。

表現ということでは、文章も同じですね。
不思議なもので、隠していても、
その人の心情が伝わってくる。
悲しみを抱えている人の文は、どことなく
さみしそう。無理して書かれている文も、
書くのが辛そうだなと感じます。
人をハッピーにさせるのは、
ハッピーな気分で書かれた文章なのかもしれませんね。

一日のアクセス数で
世界一に認定された上地雄輔さんのブログ。
上地さんは、自分のブログについて、
インタビューでこんなことを語っています。
「ブログは、人を元気にするもの。
 そして自分も元気になれるもの。」
人を思いやる、そして、肩の力を抜いて、
書く事を楽しむ。
楽しんで書く事こそ、ブログを書くときの
基本かもしれませんね。

ギネス認定の知らせを受けて
上地さんは、こんな日記を書いています。

小学校から怒られっぱなしのバカの 文章が世界一になった。 プロ野球選手になれなかった泥んこ少年の、 キャッチボールが世界に認められた。 お前さんとのやりとりが。

絶対あなたもできます。 だってこんなバカがまた一つできたんだから。

引用 上地雄輔オフィシャルブログ







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0